2022年2月16日水曜日

ミャンマーの発電事情について

こんにちは

ヤンゴンでは各地域で停電が多発しており、一日3~4時間程度の停電が発生しております。

停電時に稼働する発電機(ジェネレータ)の燃料代(ディ―ゼル)も高騰しており、法人が運営する多くのコンドミニアム/サービスアパートにて、月々の電気料金を上げるところが多く見受けられます(発電機燃料費を別途追加して、月々の電気料金に加算)。

ミャンマーの発電構成は水力が全体の60%を占め、次いでガスが35%といった構造となっており、水力の割合が大きいため、季節の変動を受けやすいと言われています。

特に暑気の3月/4月は年間で最も停電が多発するシーズンとなり、現2月時点での現状を考慮すると今後より一層の電力不足・燃料代の高騰が予想されます。

発電機を完備する施設では、燃料代の節約の為、個々で計画停電(時間を指定して一時的に発電機の電源をOffにする)を実施するところもあるようです。

今後3年を目途に太陽光発電所の増設を予定しているようですが、今後しばらくは電力不足と電気料金の値上がりは続くものと見られます。




TAKA




「日本の暮らしをミャンマーでも」
日本人向け賃貸マンション「ウィズレジデンスⅠ」

大規模地震のリスクのあるヤンンにおいて、震度7クラス(M7~8)の地震にも耐えうる日本の耐震基準をクリアした、本格鉄筋コンクリート造(RC造)のマンションでざいます。

38室、単身用中心で海外生活のストレスを軽減させてくれる、日本仕様の住環境を用意いたしました。

  • 日本製完全防水型ユニットバス完備
  • 日本製セントラル給湯システム搭載(外付けの大型容量タンクから十分な量の給湯が可能の為、湯切れすることはざいません)  
  • ハウスキーピング付
  • 全室キッチン、家具家電完備(家具家電は全て日本製)
  • ジム付き(1F)
  • 無料WIFI
  • 日本のTVチャンネル視聴可能(民放/BS)
  • 24時間セキュリティ(日系)
  • 24時間自動発電機完備(停電の多発するヤンンでも安心して利用いただけます)
  • 本格鉄筋コンクリート造(RC造)の為、マグニチュード7~8以上の地震が発生しても安心な施工(日本の新耐震基準をクリアした設計/構造となっております)
  • ヤンンの長い雨期に備えた室内防カビ/防菌施工
  • 各部屋発砲断熱材使用により、40℃を超えるヤンンにおいて、暑さ対策を徹底
  • 閑静な住宅街(高級住宅地、ールデンバレー)で騒音/治安面の心配ざいません
所在地:No.14/A, Kanbawza Road, Bahan Township, Yangon

      (韓国料理 SORABOL様向え、Kaba Aye Rd, Pro Martから徒歩3分)






2022年2月1日火曜日

通貨の下落について

 こんにちは

ミャンマーでは昨年2月以降、あらゆるモノの値上がりが進行しています。

昨年2月の時点で1USD=1,328Kyat(チャット:ミャンマーの通貨)だったのが、現在は1USD=1,778Kyatと急激な通貨安となっており、仕入れ価格の高騰し、生活必需品の値上がりが進んでおります。

特に生鮮食品(野菜/卵/お肉等)は昨年同月比で約2倍値上がりしているようで、米を主食とするミャンマーではかなりの家庭に影響が及んでいると考えられます。

また現金不足も深刻で、銀行ATMでは1週間で引き出せる金額が決められており、自由に引き出すことができない状況です。

カード決済を利用できるお店も限られており(ミャンマーでは基本現金支払い)、現金をセーブしながら生活する方が増えております。

両替業者はドル不足やさらなる下落を見越して、多くが休業しております。

現在のところ、通貨安を食い止められる見込みは立っておらず、さらなる影響が心配されます。




TAKA



 ヤンゴン市内にて住居をお探しならVR Myanmarにお任せください。
自社管理物件を多数取り揃えております。
詳しくはhttps://vrmyanmar.net/にてお気軽にお問い合わせください。
現地日本人スタッフが担当させていただきます。




ヤンゴンの暑期

4月に入り、ヤンゴンでは最も暑い季節を迎えております。 ミャンマー(ヤンゴン)の季節を大きく分けると、 5 月中旬から 10 月末の【雨季】 11 月 から 2 月にかけて【涼期】 3 月から 5 月中旬を【暑期】となります。 中でも 3 月末から 5 月初旬にかけては日中の気温...